【今回も馬券にさせてもらいます。】京成杯AH 2019予想

みなさんこんにちは、馬券師Mです。

今日は京成杯AHの予想をしていきます。

人気が示す通り大混戦で、しかも逃げ馬不在で展開も読みにくいです。

加えて土曜の中山芝はエアレーションによる差しの決まり具合が注目されましたが、時計もそこそこ速く、どちらかというと前も残れる馬場でした。

ただし、当然騎手心理的に重賞で前の馬をそのまま放置するわけもなく、好位から中団に構えて差して来れる馬を狙いたいです。

ここは2パターンの展開で決め打ちして勝負していきます。

本命◎は

お馴染みの馬ですね。

これまで何度も本命にしていますが、やはりこの馬はこの距離がベスト

前が手薄なメンツなのもよく、適度に前つけして脚を伸ばせば簡単には捕まらないのでは?と思います。

枠も良いですし、鞍上強化。ここは期待したいですね。

対抗○は

この馬もマイルがベストなクチ。

中山ではオール馬券内ですし、鞍上が何を考えているのかわからないので評価は落としましたが、性格を考えても内枠ベストで、ポジション下げすぎなければ勝ち負けできると思います。

対抗▲は10トロワゼトワル

上がり馬ですね。もともと世代上位のプリモシーンやラッキーライラック相手に僅差の競馬ができていましたし、斤量は魅力ですね。これも典さんがガチなら怖い1頭です。

注意☆15ハーレムライン

想定では中位からの差し決着としていますが、逃げ馬不在のここは最後まで可愛がられると残ってしまう可能性があります。

▲10トロワゼトワル

☆15ハーレムライン

△5.7.8.9.11.13

推奨買い目

馬連 ◎-○,▲,☆,△ 9点(○,▲,☆厚め)

三連複 ◎,○-▲,☆,△ 8点

ワイド ○-◎,▲,☆,9